デリケートゾーン用シート–バラエキスとヒアルロン酸と神経アミドとニコチンアミドを含む、四合一栄養ケア、デリケートゾーン美肌の秘密、消臭・保湿、抗菌・かゆみ止め、Phバランス、色素沈着対策、デリケートゾーン シート 、日本ブランド、ローズフローラルの香り 弱酸性( 4枚入り)

¥1967.00 会員価格:¥ 1770

在庫98個 (お取り寄せができます)

在庫98個 (お取り寄せができます)

7 People watching this product now!
  • お客様情報の保護

Loosenの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様の情報を第三者に漏洩することはありません。

  • 翌日出荷

通常、ご注文日から2営業日(日本の祝日を除く)以内に出荷します。

  • 宅配便について

発送会社は日本郵便、ヤマト運輸又は佐川急便になります。

  • こちらからリアルタイムの追跡情報をご確認ください
  • 100日以内返品保証
  • 消費税:税込(日本国内のみ)
  • お支払い方法について:
visa master jcb stripe apple pay google pay amazon pay

✿【プライベートで美肌引き締め】高比率バラエキス&ヒアルロン酸&神経アミド&フタリルアミン、四合一集中栄養ケア、女性のデリケートゾーンをくすみ肌にさよならさせ、肌のハリを取り戻す。生活の中で親密な時に備えて、あなたの親密な時間を楽しんで、最も重要な時に清潔さと自信を提供します。デリケートゾーンの美白クリームと組み合わせて使用すると効果的です。
✿【抗菌消臭】女性のために開発された女性用ウェットティッシュマスクです。私たちの処方は異臭を引き起こす細菌に対して、特にデリケートゾーンでは、コンドームや潤滑剤の残留物を効果的に除去し、香りがさわやかで、一日中さわやかに感じられます。
✿【温和ケアの天然成分】保湿と滋養のあるマスクです,主に新鮮なバラとヒアルロン酸で作られています,女性のプライバシー部位を効果的にケアする。女性用デリケートゾーン洗浄剤と併用すると効果的です。引っ掻きや刺激がない-良好な衛生習慣を維持すれば、外陰部や膣の汚れの蓄積を効果的に取り除くことができ、これにより、発赤、かゆみ、異臭、pHバランスの破壊を避けることができる。
✿【完全バランスプライバシーPH値】このウェットマスクのpH値は4.5~6.5の間で、女性のデリケートゾーンに合ったpH値。完璧な酸塩基バランス、女性の生理後のスキンケアに適しており、抗菌、かゆみ止め、保湿、安全で信頼性が高い。日常的なケアは汚れや臭いを効果的に除去し、そして私密部位の肌を潤します。
✿【特別に調合された高級ローズの香り】フランスのエッセンス抽出技術を採用して、濃厚な香り!ローズ精油の芳香に劣らない。
✿【使用方法】最適な効果を得るためには、使用前に女性用洗剤でプライバシーゾーンを清潔にしてください、そしてシートを軽く広げます、マスクをデリケートゾーンに貼る。放置後、10~20分リラックスします,残ったエッセンスを肌につける,最高の時間を楽しむ。外用のみ。
✿【日本ブランド,信頼できる】お客様にお届けする全ての製品が最高品質であることを保証するために、生産される全ての製品は厳格なテストを受けています。
✿【翌日出荷】注文の翌日に出荷します。同時に、内装物の漏れを防ぐためにプライバシーパッケージを採用しています。
✿【100日間の返品保証】この商品についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。 当社の製品を気に入っていただけると信じておりますが、ご満足いただけない場合は全額返金いたします。

女性のデリケートゾーンの黒ずみが生じる原因

多くの男性は、女性のデリケートゾーンの色について、「ピンクであるべきだ」と誤解しがちです、これは多くの女性にとって大きな悩みの種となります。色が濃いほどセックスのしすぎに違いない、またはその部分の色を女性の性経験を判断する要素にする男性もいるくらいです。実は、外陰部の色が黒くなる原因はいくつかあるのです。
1.遺伝性要因:肌の色が濃い人もいるので、外陰部の色も濃くなりますが、これは遺伝的な要因によるものです。
2.色素沈着:メラノサイトの数が多ければ、局部の肌色は黒く濃くなります。例えば、会陰部のメラノサイトの密集度は、顔の皮膚や胴体の皮膚に比べて非常に高いので、女性の「陰部」の色は濃くなります。
3.エストロゲンの影響:思春期の前に、男性と女性の会陰部の色は、思春期に入った後、体の性ホルモンのレベルが速く上昇し、そして第二次性徴が現れます。ゴナドトロピン、卵巣肥大、卵胞の発達、エストロゲン分泌の役割で女性は急速に成長します。エストロゲンはメラノサイトの増殖を促進し、膣の上皮や大陰唇、小陰唇が徐々に厚くなり、女性の「陰部」に色素が沈着し、徐々に黒色に向かって変化していくことがあります、但しその変化は非常に緩やかです。
5.妊娠:妊娠中に、プロゲステロンによってメラノサイトの分泌が促進し、会陰部や乳頭部に比較的目立つ色素沈着ができ、より黒く見えるようになりますが、出産後は徐々に色素沈着が薄くなっていきます。
5.内分泌かく乱:加齢に伴い、内分泌系はメラノサイトの分泌に影響を与えるようになります。内分泌が乱れると、メラノサイトが大量に分泌され、局部の色が濃くなるのです。
6.頻繁な性生活:女性がセックスする際、大陰唇は外部からの摩擦や刺激を長時間受けるため、メラニンの一部が徐々に沈着し、時間の経過とともにその色が徐々に濃くなる、これは女性の正常な生理現象です。
7.そのほかは膣炎、薬の刺激、不適切なケア、不衛生、慢性炎症などに悩まされている場合も陰部の色を濃くすることにつながるでしょう。

女性のデリケートゾーンの黒ずみを改善するにはどうしたらいいですか?

1.女性のデリケートゾーンと脇下は同じく汗がかきやすい部位です、毎日入浴するのがもちろんですが、運動で発汗した後はできるだけ早めにシャワーを浴びことも重要です。吸汗性がいいコットンの下着を選択し、ジーンズなどの蒸れやすい通気性悪い服の使用を避け、デリケートゾーンの清潔が最も重要です。
2.タイトなズボンができるだけ履かないこと。タイトなズボンを長期間着用すると、陰唇が長期間に擦れて、陰部の色素沈着が進み、時間の経過とともに外陰部の色が濃くなるので、女性にはタイトなズボンをあまり着用しないように心がけましょう。
3.性生活の頻度を加減すること。女性の外陰部の色が濃くなるのは行為の回数が一つの原因なので、女性は行為の頻度に加減する必要があります。
4.内分泌を安定化させること。内分泌が乱れると、ホルモンの変化でデリケートゾーンが黒くなるので、女性は内分泌を整えることに気を配り、良い習慣を身につけ、内分泌の乱れにつながる病気を診療することがおすすめです。
5.デリケートゾーンを正しいお手入れ方法です。女性用デリケートゾーンケアのソープなどは数多く販売されていますが、弱酸性で膣内環境を損なわないpH値4~5.5のものが最もおすすめです、また植物エキスが配合されたソープなどを選ぶと安心です。市販の石鹸やボディソープはアルカリ性のものが多いので、女性には使わない方がよいでしょう。
6.女性の陰部の美白を目的とした製品を使用して、メラニンを薄くなり、美肌効果を高めることができる。
7.デリケートゾーンの日常ケアをしっかり行うことです。

カスタマーレビュー

レビュー

[cusrev_reviews_grid count="3" show_products="true" product_links="true" sort_by="date" sort="DESC" categories="" product_tags="" products="current" color_ex_brdr="#ebebeb" color_brdr="#ebebeb" color_ex_bcrd="" color_bcrd="#ffffff" color_pr_bcrd="#f4f4f4" color_stars="#FFD707" shop_reviews="false" count_shop_reviews="0" inactive_products="false" avatars="initials" show_more="100" min_chars="0" show_summary_bar="true"]

関連する商品

こちらもおすすめ